1. オナ禁の報告書
  2. オナ禁ブログ

【31日目】ムラムラ解消のためにジムに入会!美人インストラクターで困った

本日は午前中からジムに申込に行ってきました。オナ禁とスポーツは切っても切り離せません。それに筋肉がある男はカッコイイと言っている子もいます。

受付を担当してくれたのはさわやかな体育会系の男性でした。この人もきっとオナニーをしていないんだろうなと勝手に想像しました。入会したのは某大手チェーンのジムですが家の近所だけではなく会社の近くにもあるので全国の支店を使える会員になることにしました。

ただしジムというのはいきなり使えるわけではなく最初に器具の使い方などを教えてもらう初心者講習のようなものを受けなければならないとのことです。

その予約を取るように言われたのですが本日の夕方も空いているとのことだったのでさっそくその枠をお願いしました。必要な持ち物を教えてもらったときに室内用の靴を持っていないことに気づいたので買いに行くことにしました。

シューズとウェアを購入

大手のスポーツ用品店に行ったのですが最近はお洒落なデザインのものが多くてビックリしました。

せっかくなのでジャージも買おうと思い色々と見ていたら店員さんが話しかけてきました。買物中に店員さんに話しかけられても適当に断って一人でゆっくり見ることが多いのですが今回はなぜか自然に会話をしていました。店員さんが可愛かったというのもありますが…

ジムに通うことになったのでそこで使えるシューズをウェアが欲しいと伝えたら色々と見せてくれました。ナイキとアディダスくらいしか知らなかったのですが他にも流行ってるブランドがあることを知りました。試着したときに店員さんが僕の体の色々なところを触ってきてちょっとドキドキしました。

会計が終わって帰るときに店員さんが「トレーニングにハマるとどんどんウェアとか欲しくなると思うのでまた来てくださいね。私を指名してくれたら嬉しいです」と言ってくれました。営業トークなのだと思いますがウキウキしました。

亜里沙ちゃんからLINE。怒ってるみたいだ

家に帰る途中で亜里沙ちゃんからLINEが来ました。ジムに通うことになったと送ったら電話がかかってきました。

なんだかちょっとテンションが低かったように思います。僕が浮かれているのが伝わってしまったのかもしれません。

明日会ったときに行きたいお店とかあるか聞いたら最初から家で良いと言われました。負担になるでしょ?とのことです。なんだか距離を感じました。

美人インストラクターだった

予約時間になってジムに行くと午前中に受付してくれたお兄さんが色々と案内してくれました。そのまま器具の使い方も教えてもらえると思ったのですが違うインストラクターに引き継がれました。

しかも女性でめちゃ美人。他のインストラクターの可能性は考えていましたがマッチョ系の男しか想定していなかったので面食らいました。髪の毛もちゃんとしてくれば良かったと思いました。

このインストラクターが先にマシンを使って実演してくれるのですが腕を大きく開くような動きのときに胸が強調されてエロかったです。

そして僕も実際にマシンを使って色々とやったのですが変に力を入れて射精してしまわないかずっと心配していました。それと制汗クリームを塗るのも忘れていたので臭いと思われていないかもずっと気になりました。

一通りの説明が終わって自由にトレーニングが出来るようになったので1時間くらい体を動かしました。帰るときにマシンの使い方を教えてくれたインストラクターに呼び止められて3分くらい話ました。プライベートなことをいくつか聞かれました。それと気軽に声を掛けてくださいとも言われました。みんなに言っているのだとは思いますが好意的な態度に見えました。