1. オナ禁の報告書
  2. オナ禁ブログ

【39日目】最後のキスは本当にタバコのflavorがした

夕方にジムに行ってるときに亜里沙ちゃんからLINEが2通入っていました。1通目は「今日、泊まりに行って大丈夫?」で2通目は「ごめん、さっきの気にしないで」でした。

ちょうど僕がトレーニングを開始するくらいのタイミングで1通目が来たので2時間以上経過してしまっていました。2通目は20分前くらいでした。

すぐに「泊まりに来て」と返信しましたが「今日は行かない。迷惑そうだし」と返信がありました。それでも「少しだけでも会いたいから食事だけでもしようよ」と送りました。

本当に会いたくないと思っているなら1通目のLINEは送信取り消しをするはずです。取り消さずに残しておくということは察して欲しいということだと思ったのです。

「少しだけ行く」ということでウチに来ることになりました。

「キャバ嬢なんかといない方が良いんじゃない?」

亜里沙ちゃんの顔は泣いた後のように見えました。自分のせいのような気がして何かあったのか聞くことはできませんでした。

今日も含めて4回しか会っていませんが今までで一番、暗かったです。お通夜のようなテンションでした。しかもちょっと怒ってる感じです。

買ってきたお弁当を二人で黙々と食べました。食べ終わってから亜里沙ちゃんは立ち上がるとスーツを掛けたハンガーにぶら下がっている僕の社員証を手に取りました。

そして「やっぱりエリートなんだね。この前会社の近くに行ったときも思ったけど」と言いました。タクシーに乗ったときにビル名(ほぼ社名)を運転手に言ったことを思い出しました。というか僕が会社に入っていくところまで見ていたのだと思います。

転勤の話をするならこのタイミングなのかもしれないと考えながら迷っていると亜里沙ちゃんが「キャバ嬢なんかといない方が良いんじゃない?」と呟きました。

「どうして?」と聞くと「価値観も違うし、私は頭も良くないから…」と。「一緒にいて合わないなと思ったことあるの?」と聞くと「今はないけどこれからはそう思われちゃうかもしれない…」と涙を流しながら言いました。

Facebookを見つけられる

さらに話を聞くと僕のFacebookを見つけてしまったそうです。僕はローマ字で名前しか記入していないのですが少し珍しい名前なので簡単に見つけられます。そして繋がっている友達を見て良い大学と良い会社の人ばかりだったから自分と比べて落ち込んでしまったそうです。

確かに僕はそれなりに良い大学を出て良い会社に勤めています。高校生くらいのときから自分はモテるタイプではないので経歴くらいはちゃんとしておかないと結婚も出来ないと思って頑張ったのです。

しかし残念なことに大人になった後もモテることはありませんでした。そもそも出会いが社内と取引先くらいしかありません。当然ですがどちらも同じような経歴の人しかいないため学歴や勤務先は何のアドバンテージにもならすモテないのです。

その後も僕は経歴で好きになったりとかはしないという話をしていたのですがあまり響かなかったようです。さらに「いつも私から会いたいって言ってて誘ってもらったことがない」という話もされました。確かにそうでした。

それについてもいつも会いたいと思っているけど勇気がなくて誘えなかったという話をしましたが「気をつかわないでよ」と言われました。「一回ヤッたくらいでつきまとわれてウザいとか思ってるんじゃないの?」と泣き笑いの顔で言われました。それも明確に否定したのですが信用されていないようでした。

「最後のキスはタバコのflavorがした」

二人とも全く喋らなくなって20分くらいしたときに亜里沙ちゃんが「帰るね…」と言って立ちが上がりました。「泊まっていきなよ」と言ったのですが首を横に振られました。

玄関を出る前に「ギュッてして欲しい」と言われたので強く抱きしめました。そのままマンションの前の道に出てタクシーを捕まえました。

タクシーに乗り込む直前に亜里沙ちゃんからキスをしてきました。そのとき初めて気がついたのですがタバコの臭いがしました。いやもっと前から、今日会ったときから僕の鼻にはタバコの匂いが届いていました。でもそれがいつもと違う匂いだということを意識することは出来なかったのです。

半年くらい前にタバコは止めたと言っていましたしお店でお客さんのタバコの臭いがつくこともあるので気をつけて消臭していると言っていました。なのでタバコの匂いがするということは何かがいつもと違うということに気づくべきでした。

おそらく僕からのLINEの返信を待っているときに耐えられなくなって吸ったのだと思います。

亜里沙ちゃんとキスをした後から宇多田ヒカルの『FirstLove』の「最後のキスはタバコのflavorがした」というフレーズがずっと頭の片隅から離れません。本当に最後のキスになってしまったような気がしています。

LINEを送るべきなのかもしれませんがそれをすると余計に距離が出来てしまうような気がします。今の僕が何を言ってもそれは事務的な言葉としてしか受け止められないのだと思います。